日本語学校


東南アジア・アフリカをはじめとした発展途上国の国々に、学びたくとも学べない、働きたくとも働けない若者達に、 学ぶ場と働く場を提供するビジネススクールです。 挨拶、礼儀、礼節、感謝を学び、価値ある目標へ向かって進む前向きな心を持つ人材教育を行っている所です。 また、日本語や、日本の文化、習慣を学び、グローバルな視野を持ったビジネスマンを育成する目的の学校であり、日本語を学んでいる学生と交流します。

孤児院


ユニセフカンボジアによると、カンボジアの総人口の約3%が孤児であると言われています。 彼らは貧困・病気・家庭内暴力など様々な事情により、孤児院に預けられます。子供と遊んでいて、職員と話して、孤児院の生活、教育制度、運営について学びます。



アンコール小児病院


子供たちに医療を提供するとともに、医療教育センターを併設してカンボジア人スタッフに高度な医療、 看護および事務管理教育を行っています。カンボジア医療の現状だけではなく教育病院としての在り方についても学びます。



HIV病院


HIV の問題について学びます。カンボジアでは1991年に初めてHIV 感染者が発見され、瞬く間に広まったと言われています。 研修では実際に病室内に入り、HIV 病棟で働く看護師さんや患者さんからお話しを伺います。



カンボジア文化芸術省


アンコールワットなどのアンコール朝の文化的な建設物についての説明などを受けることが出来ます。



アンコールワット遺跡群


世界遺産に認定されている様々な個性豊かな遺跡の数々を見学します。
皆さんご存知のアンコールワットはもちろん、例えば、天空の城ラピュタのモデルとなったタプロム遺跡、 日の出・日の入りを見ることができるプノンバゲン遺跡などがあります。 しかし、遺跡観光だけではなく、ロリュオス遺跡の修復現場では遺跡修復作業も体験することができます。


JICA


日本がカンボジアに対して、国レベルでどのような支援を行っているのか、現状や結果、展望を、現地で働く日本人職員の方から伺うことができます。



カンボジア観光省


実際のカンボジア府職員の方からお話しを伺い、観光制作を学びます。
このような公的施設への訪問、現地高官からお話しを聞くというのはやはり個人の旅や他のツアーでは難しく、JAPF のツアーの特色の一つです。



ゴミ山


ごみから再利用できるごみを拾って業者に売り、得た収入1 日2~3 ドルで生計を立てている人たちから実地調査を行います。



KURATAペッパー


かつてカンボジアの特産物であった香辛料・コショウ作り、再びカンボジアの特産物として売り出し、 経済発展を促している日本人の経営者にお会いします。日本人目線のカンボジア経済について学びます。 またカンボジア人スタッフのお話も伺いますので、カンボジア人の目線の日本企業についても学べます。
その上、スタッフが毎日行っているコショウ分別の体験もできます。


地雷博物館


カンボジア国内で地雷撤去を行っている方に地雷についてお話しいただきます。 カンボジアではタイとの国境を中心に現在も多くの地雷が埋まっており、国土内の地雷の数は推定 400 万~800 万個といわれています。地雷の仕組みや、地雷が及ぼす影響を、この施設で学 ぶことができます。



キリング・フィールド・トゥール・スレーン収容所


トゥール」・スレーン収容所とキリング・フィールドでは内戦と内戦後のカンボジアについて学びます。30 年前のポルポト政権下で行われた虐殺の現場です。 人々はトゥール・スレーン収容所で激しい拷問を受け、キリング・フィールドで処刑されました。



CIESF


カンボジアを教育によって支援している団体です。現在のカンボジアの教育状況について学びます。 最近、ボランティアによって建てられた学校では先生がいないこともあって、先生が副業で休んでいることも多く、 こういった現状を抱えたまま、カンボジアの学校は存在しています。職員からカンボジアの日本人先生による支援活動について伺います。



農村


農村の学校に通う子供たちと交流します。彼らとの触れ合いを通じて未来を担う子供たちの力強さを感じることが出来きます。



現地の大学


同年代のカンボジア大学生との英語を使って交流、意見交換では彼らの学びに対する意識の高さに触れることが出来ます。



バイヨンインフォメーションセンター


バイヨン・インフォメーション・センターは、カンボジアの世界遺産アンコール・ワットを擁するシェムリアップにある展示施設です。 アンコール遺跡群の数々の寺院の歴史や宗教そして美術について紹介しています。また、現在進められている、国際的な修復事業や調査研究の活動について、 映像や写真、出土品の展示などを通じて今日のアンコール遺跡の様子を理解していただくことができます。



社会問題・退役軍人・青少年更生省


老人、障害者など社会的弱者の救済や補助をしている省です。また、薬物、売春、窃盗などに絡む若者の救済、法的措置の実施を行い、 公務員の孤児、家族への社会保障、法律の制定して、未成年犯罪者のリハビリテーションプログラムの実施などを担当しています。 職員の方々から省の働き方についてお話しを伺います。